大谷鍼灸整骨院は、平成9年6月に姫路市大津区に開業し、おかげさまで19年がたちました。

大谷鍼灸整骨院


身体に響くはり治療

150.gif 当院のはり治療の特徴は「ひびく」


はりを体に刺したときに「ズーン」とした感覚を感じるのは
脳に「ここが悪いですよ!」と知らせているのです。

悪くないところにはりを刺しても何も感じません。

良くなった患者さんが
「これ同じところに刺しているんですか?
今日は何も感じないんですけど。」
と言われます。

またはり治療に慣れた方だと、この「ズーン」とした響きで
「効いた!」ということが分かり、
治療後はスッキリした表情になっています。

このひびきは注射針を刺したときの「痛み」とは違います。


●身体の悪いところ「筋硬結(きんこうけつ)」

筋硬結とは筋肉の使い過ぎやストレス、
怪我などによって筋肉繊維内の筋小胞体から
カルシウムイオンが過剰に放出されて、
筋繊維が硬くなった状態のことをいいます。

kouketu1.png

109.gif身体に響く鍼
まず、身体のどこをどうすれば痛い(痺れる、だるい)のかを確認し、
そこから手で触りながら痛みを出している筋硬結を探して鍼を刺します。
  
筋硬結の部分に鍼を刺すとズーンとした感覚や
ズキッとした感覚を感じますが
硬結を解くのには不可欠となります。
 
kouketsu2.png
(筋繊維の状態)

また鍼をすることによって起こる
加療反応(好転反応)というものがあります。
悪い部分が正常に戻ろうとする過程で
少しだるくなったり、一時的に痛みが増す事がありますが、
悪いものを流し新鮮な血液を取り込む
治癒力が働いていると理解してください。
 
 

109.gif生物学的にいうと
このカルシウムイオンとは
筋肉の収縮時に必要な物質なのですが
過剰に漏出してしまうと筋肉が拘縮を起こし、
持続的に拘縮すると
カルシウムイオンを筋小胞体に取り込むための
カルシウムポンプという機能に必要な
ATPというエネルギーになる物質が
枯渇してしまい悪循環となってしまいます。
 
局所循環が障害されると、
痛みの物質が生産され、
それを受容体がキャッチすると
信号となって脳に送られ
痛みを感じるという流れになります。
 
●自然に例えると・・・
生理学的には難しくなりますが、
人の体も自然となんら変わりなく
 
例えば荒れ果てた土地に水を撒いても
水は吸収されずすぐに乾いてしまいます。
 
吸収しないから、土は硬くなりひび割れ
草木も生えないでしょう。
 
だからその土地(体)は耕して(鍼を刺し)
水(血)が流れ行きわたるようにすれば
花が咲く(元気になる)ようになるでしょう。
 
もちろん、長く荒れた土地はそう簡単にはいかないかもしれません、
しかし、確実に明日は一歩進むと思います。
 
 

大谷鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒671-1136 兵庫県姫路市大津区恵美酒町1-103
アクセス:
山陽電鉄 山陽天満駅、平松駅から徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
079-239-6900
受付時間:
午前9:00~12:00
午後3:00~7:00
定休日:
水・土曜午後、日曜、祝日

メールでのお問い合わせ



平松駅×接骨・整骨部門
平松駅×鍼灸部門
2014年12月時点

ページ上部へ